おうち花マスター講座コース案内 家で簡単に楽しく花を飾るためのおうち専用花講座

「自分で花をサッと選んで ぱぱっと飾れるワタシ」になる。「家にあるもの」と「野の花」「束売り花」を使うから毎日できる!
花と器の選び方、飾り方のコツを憶えて最大限に「手抜き」するための講座です!

次回の【おうち花入門講座】新規受講生さんの受付は
8月14~18日です。 まずはメルマガに登録してお待ちください^^

 

新時代・通信講座制のしくみ

【おうち花マスター講座】シリーズは、新時代に合わせた 新しいスタイルの通信講座制です。

業界初の「ありえない」が3つ!

【おうち花マスター講座】シリーズは これまでの花業界で「あり得ない」
受講に関するしくみが 3つあります。 それは・・・

●1:家族受講(1家で1契約でOK!)
●2:永続メンバー権利 
  (何回作ってもOK、課題外の花もアドバイス!
   &いつまででも無期限でアドバイス・質問OK!
   &仲間と交流できる!)
●3:オフ会実費のみ参加権つき

くわしくお話しますね^^

●あり得ないその1:家族単位で1受講

【おうち花マスター講座】シリーズは
入門講座は、こどものピアノや 水泳と 変わらない月謝で
中級・上級でも こどもの塾と 変わらない月謝で! 「家族全員」が学べちゃうんです。

ふつうは、「1回のレッスン」が 6000~10000円です。 (一定の質のあるレッスンの場合)
 
「1回」のレッスンあたりなので 月に2回、3回飾ったら 受講料も 2倍、3倍!
 
お花を習うって、 ある程度しっかりしたレッスンを受ける場合
ひと月あたり 2~3万円は かかるのです。
そしてもちろん 「ひとり」 しか受けられません。

【おうち花マスター講座】は
「1カ月に何回飾っても同じ月謝」 だし
家族全員で講義を見てもOK。

親がやっていると もれなく子どももやるので
子どもの世代・孫の世代まで 
「花のあるおうち」を引き継ぐことができてしまいます。

デザインだけの学びでは 子どもの世代には
なかなか 引き継ぐことって難しいのですが・・・

【おうち花マスター講座】 は 
「野の植物」 や 「束」「苗」を
家にあるものを生かして

いかに暮らしの中に取り入れて 花と一緒に生きるか 
を学ぶので
= 暮らしぶり であり = 家庭教育 なんです。

だから、子どもや 孫の世代に 引き継がれる可能性が 高いです。

わたしが こんなふうに育ったようにね^^

お子さん、お孫さんにも
日本人ならではの 植物とともに 自然とともに 一緒に生きる
という暮らしを伝えたい! なら 
日本に この講座しかありません。

●あり得ないその2:受講料は「永続参加費」です!

ふつう、お花のレッスンは 「その日・その時間」の参加費を 受講料として支払います。
通信の場合も、「その回のレッスン」に対しての「講義・添削費用」を支払います。

【おうち花マスター講座】シリーズは なんと!
「その日」や「その課題」に対するレッスン費用は 頂いていません。

 ・すべての講義内容 プラス
 ・すべての配送品(配送コース) プラス
 ・コミュニティへの永続参加権
 (すべての課題のほか、オリジナル作品の添削、メンバーとの交流、お茶会など)
 
すべてを含めた 参加権利 を 受講料として 頂いています。

受講費を払い続けることなく 永遠にメンバーの一員として
質問もでき アドバイスももらえ ほかのメンバーとも交流できてしまう!
 という
「ありえない形態」 の花講座なんです!

 

インターネットが発達し、遠くの人とも インターネット上で交流ができるようになりました!

そこで、【おうち花マスター講座】シリーズでは
世界共通SNS Facebook の 非公開グループ を活用して
メンバーだけの交流ができるようになっています。

メンバー同士の お花ライフの その後
特に 卒業生さんが いまどんな暮らしをしているのかまで
卒業生と交流できるので、わかるんです! (中級・上級グループ)

ただ、はじめてさんは お花になれた方がいらっしゃると
逆に 恥ずかしくなってしまって 投稿できない という傾向がありますので
入門講座では 「はじめてさん専用グループ」を 設けています。
 
今までどんなに「恥ずかしくてこんなこと聞けない」と思っていたことでも!
どんなに「こんな花じゃ恥ずかしくて見せられない」と思っていた野の花でも!
遠慮なく投稿できるのが、【おうち花入門講座】です^^ 

しかも 月謝は5回・または12回で 終わりなのに
その後もずーーーっと 質問回答や アドバイスが もらえてしまうんです。

ふつうは、当然、受講期間が終わったら おしまいです。
無期限で相談できる なんて あり得ません。

アドバイス期間を延長する場合 ふつうは追加料金 がかかります。

なのに 現在 追加料金も ありません!!

●あり得ないその3:メンバー権利なので、オフ会も優遇

現在は、Facebookでの交流のみですが
実際にリアルタイムで「おしゃべり」したいので
今後、リアルお茶会や
遠方の方用に「Zoomお茶会」を企画しています。

もちろん、受講生は 実費のみで参加できます!
(場所代、お茶代、システム代などの実費のみお願いします)

一般の方からは 参加費をいただきます。

・・・ヤバイです。
ヤバすぎます。
自分で書いてて やっぱり 「あり得ない」 です;;;

花業界の将来のために
こんなしくみを考えましたが 
 
いまの現実を考えると かなりヤバいのではないか;;

と 本気で思うので
 
いつまでこの受講料で 「あり得ないサポート」 を 
続けるか 分かりません;;

ある程度お仲間が増えたら 変える可能性アリです。


めっちゃくちゃ 「あり得ない」です!>▽<*

どんどん 「あり得ない」 をやって
お花の世界を もっともっと 入りやすいものに
新しくしていきたいです!^^

【おうち花マスター講座】シリーズの受講生さんは
そんな私の「野望」におつきあいくださる
同じ野望のメンバーだと思っていますので^^
 
だから 永続参加 なんですよね。(いまのところ)
 
メンバーがあふれてきたら そのとき 永続参加じゃ失くすかどうか 考えます。
今のところは 永続参加ですので
 
この「花業界のあり得ない」を やり続けたいと思う わたしに
「それ いいね」 と思ってくださるあなたを お待ちしています^-^*

 

12カ月おうち花マスター講座は、受け取り方が2タイプあります。

*お受け取り方法のごあんない

『DVD&テキスト冊子
 配送コース』
オリジナルの 手描きイラスト・デザインの
手づくりDVD&テキスト冊子を ご自宅にお届けします!^^
完全手作りなので、毎回数名の募集のみとなります。
 
DVDと冊子が届くので、毎回自分でダウンロードして
整理して保存して、
そのデータを管理する、といった 面倒な手間が不要です!

 
ビデオはWEBでも配信されますので、外出中などはスマホで見ることもできます^^
 
Facebookグループに、作品や景色などの写真、質問を投稿できます。
『インターネット配信コース』
 
 
WEB配信のビデオ講義をサイト上、もしくはダウンロードで見ます。
 
Facebookグループに、作品や景色などの写真、質問を投稿できます。 テキストも、PDFファイルでダウンロード配信となります。
ご自分で ビデオとPDFファイルを毎回ダウンロード保存し
保管管理する必要があり 手間がかかります。
配送品がない分、受講料はお安くなります。
 
DVDやテキスト冊子の配送はありません。
 

 

■『配送コース』は このような オリジナルの手作りセットで お届けします!^^
  このセットを「コレクションしたいから」 配送コースにする方もいらっしゃいますよ♪
    *写真は 中級コースです。 入門講座は 花イラストカードは付属しません。

どのコースを選べばいいですか?

・このサイト上のビデオ ↑ が再生できる方

ただ「インターネットスクール(WEB配信)コース」は
本多るみとのやり取りは掲示板・Facebookのみです。

ご自分でビデオとテキストPDFを毎回ダウンロード保存・管理する必要がありますので
DVD・テキスト冊子の受け取りをご希望の際は
「配送コース」(お仕事の方は「+テキストセット」)をお選びください。

・毎回、ビデオとテキストのファイルをダウンロードする時間がない方
・ダウンロード保存のしかたや管理方法が「????」な方
・手もとに「DVDとテキスト冊子」というかたちで届いてほしい方
・このサイト上のビデオ ↑ を再生できない方

「配送コース」をお選びください!
自宅にDVDと冊子が届きますので、再生機器で再生してビデオを見ることができますし
講義のポイントも印刷済みの冊子が届くため、プリントできなくても受講できます。

・ものすごい田舎に住んでいるのでおしゃれな雑貨がありません。ほしい!

そんな方は、中級【おうち花マスター講座】の「配送コース」なら、
わたし本多るみが直接厳選したアイテムをあなたの自宅にお届けしています^^
アイテムをセレクトするために、あなたのことやどうなりたい、などをわたしにお話しください。

→ あなたにも、こんなお花が飾れるようになります!

→ 講師:本多るみの 実績・プロフィール詳細

◆現在、お申し込み・お問い合わせには 基本1~3日以内に返信しております。
 お申し込みや お問い合わせをされた方は
 メールを 迷惑フォルダまでよくご確認ください。
 → メールが届かない(メールを受け取るために)はFAQをご参照ください

↑ PAGE TOP