新盆(しんぼん)・東京盆って何ですか?

お花の豆知識

 

新盆(しんぼん)とは? いつのこと?

お盆の用語っていろいろあるんですが
中でもややこしいのがこの「新盆(しんぼん)」

故人が亡くなってから初めて迎えるお盆のことを、
同じ漢字で書いて「新盆(にいぼん)」と読むので 非常に紛らわしいです。

まずは「お盆」についてお話しましょう。

もともと、お盆という行事は、旧暦(太陰暦)の「7月15日」を中心に行っていました。

これを、もともと行っていた旧暦7月15日を現在の太陽暦に置き換えた「時期」に合わせ
旧暦と新暦は約1カ月時間差があるため
太陽暦の「8月15日」を中心に行うことにしたのが、現代の一般的な「お盆」です。

全国ニュースで「8月15日がお盆」って言っているのはこのためです。

  

これに対して、旧暦7月15日のお盆」を
そのまま「新暦でも7月15日」に行うのが「新盆(しんぼん)・東京盆」
「東京」の名の通り、「東京近郊で」お盆を7月15日を中心に行う
ことを言います。

このほか、もとの「旧暦7月15日のまま」お盆を行う地域もあり
国内では お盆の時期が 地域によって「3パターン」あります。
「お盆は皆同じ時期」ではないので気をつけましょう。

 

「お盆」って具体的に何日から何日までなの?

そもそも、「お盆」とは、仏教から来ていて
正式には「盂蘭盆会(うらぼんえ)」と言います。
亡くなった方、ご先祖様の例を自宅に招く期間のことです。

「期間」なので、1日ではなく「4日間」あります。

7月15日を「中日(なかび)」と呼び、この日が「お盆当日」です。

このお盆当日を迎えるために ご先祖様・故人を迎える「迎え火」を焚くのが
7月13日で、「入日・入り日(いりび)」と言います。

お盆を終え、ご先祖様・故人をあの世に「送る」「送り火」を焚くのが
7月16日で、「送り日」といいます。

 

現在、日本では、大まかに分けて 先ほどお話した3つの日程の「お盆の時期」があります。
3パターンのお盆日程にそれぞれ振り分けると
具体的な日にちは こうなります。


●新盆(しんぼん)・東京盆の場合(東京・神奈川・静岡など)
 入日:7月13日  中日:7月15日  送り日:7月16日


●旧盆・月遅れ盆の場合(一般)
 入日:8月13日  中日:8月15日  送り日:8月16日


●昔のまま旧暦で行う場合(沖縄など)
 それぞれ旧暦で 入日:7月13日  中日:7月15日  送り日:7月16日
 2023年の場合は新暦で 入日:8月28日  中日:8月30日 送り日:8月31日 

 「お盆の時期」って、これだけ、人によって バラバラなんです。

 

   

 

お盆の時期は家族ごとに違う。やり方も違う。

みなさん、出身地と居住地が違うことも多いですし
夫と妻の出身地・お盆の時期が違うことも珍しくありません。むしろあたりまえ。
どちらの実家でやる日程に合わせるのか、・それとも現在住む地域に合わせるのか?など
お盆をやる時期は それぞれの家族ごとに違うと思って良いでしょう。

地域ごとに 行う時期も
迎え方・当日をどう過ごすか・送り方
使う道具から食事の内容まで
まったく異なります。


距離的に近くても
むかしの「集落」単位で慣習が違うと思って良いでしょう。

  

そのため・・・

結婚後 はじめてのお盆を迎えるときは
夫と妻で「お盆に対する認識」がまったく違うのが 当たり前だと思ってください。


「お盆休みを取る」という行動ひとつとっても、その「時期のあたりまえ」が違いますから
いつが自分にとってお盆なのか、何をする時なのかということを
夫婦ですりあわせることをおすすめします。

そのうえで、両家の慣習にどこまで沿うのか、自分たちの新しい慣習を作るのか
といったことを決めて行きましょう。

      

 

お盆の迎え方は? その①自宅を飾る

一般的には、
故人は13日の入日に、
早馬に乗って帰ってきて
14・15日を家で過ごし
16日に、牛に乗ってゆっくりと帰ってゆきます。

そこで、家の玄関に 「牛馬」を飾ります。(精霊馬と言う)
馬にきゅうり・牛になす(生の野菜)を使う地域が多いですが
真菰で作った人形もあります。(花屋さん・スーパー・通販にもあります↓例)

 
*真菰とは(まこも)
 「鬼滅の刃」で一躍名前は有名になって嬉しい「真菰(まこも)」は植物の名前。
 イネ科の植物で、黒穂菌が寄生して肥大した根元部分を「マコモタケ」と呼び食用にする。
 ↑地域の農家が直接品を卸す店や 農家直送等で購入できる。
 食用の他、黒化部分から採れる「真菰墨」をお歯黒に使ったり
 草本部分を神事に使ったりする。
 お盆の精霊馬(牛馬)やござ・縄・送り迎え火をつける素材として使うのも用途の1つ。

迎えるときの火の焚き方も
・砂山を作ったり
・ハスの葉や花を使ったり
・ござを使ったり
・ほおずきを使ったり
・真菰縄を使ったり・・・

 それも、地域で違います。

 

ちなみに・・・

ワタシの育った 神奈川県茅ケ崎市の海側では
キュウリの馬・なすの牛を 野菜に割りばしを刺して作り
砂山を作って火を焚いていました。
ござやハスの記憶はありません。

神奈川県の海沿いの別の街で働いていたときは
生のハスの花を飾り、ござを使っていました。
砂山を作るお宅もあったようです。

今住んでいる県央部では
金色もしくはピンク色の 蓮の花の模型を使うようです。
どう使うのかまでは良く分かりません;

  

 

お盆の迎え方 その②・お墓を飾る 東京周辺のお墓用「仏花」の例

13日の入日までに、自宅に迎え火を焚くほか
お墓参りに行ってお墓のお手入れをします。

こちらも、細かいやり方は地域によって異なりますので
細かなことは地域の先人に聞くのがいちばんです。

参考までに、東京盆のページですから
神奈川県の例をお伝えします。

7月13日の入り日の前の土日に お墓参りに行く人が多いので
13日前の土日が 花屋さんはかき入れ時です。(5~12日ごろ)

お墓に供える花を「仏花(ぶっか)」と呼びます。
呼び名も仕様も 地域で異なります。こちらは神奈川県での例です。
生花店によって「供花」「メモリアルフラワー」と書かれている場合もあります。

菊を中心に、戸外や暑くても、水がなくなっても
見た目の変化のあまりない丈夫な花が使われます。

暑いさなかに、水もお墓参りに行った日にしか入れられず
戸外に置かれるわけですから、
それ相応の対処と言えます。


神奈川県の場合

花の種類は
「菊類」「カーネーション」「スターチス」
「けいとう」「りんどう」「ユリ」
 が多く使われます。

本数は 奇数の 3本・5本・7本 のことが多いですが
「4本」の場合もあります。

神奈川県での配色は「ハデ派手」
 + 黄色 + 青・紫 + 赤・オレンジ + 濃ピンク

の5色・5本 で作られるのが基本です。

とはいえ、もちろん 花屋さんの在庫・仕入れた花によって変わります。

基本的に「こんな感じ」の仏花が売られています。

 

●「仏花」の基本仕様
●「もう少しおしゃれな仏花にしたい!」時の仏花改造方法は
「仏花」のページをご覧ください^^


「戸外や暑さに強い」性質はそのままに
もっとオシャレにすることができます!

  

 

お墓用ではなく「お寺」「訪問先」などに豪華な花を贈りたい場合は?

この場合は、いわゆる「お供えの贈答用」の花マナーを参照ください
↓むかしの記事ですが「お供え全般の贈答マナーまとめ」保存版です!

冠婚葬祭マナー 弔事・お供えの花
困った!!どうしたらいいの!? そんな弔事のお花のギモンを解決! 花の冠婚葬祭マナーがこれでわかります!

故人が亡くなられてからの経過日数・年数に応じて 花の色を加えていきます。

贈答用に花を贈る場合は特に、お相手がタブー視している事象が分からないケースが多いですので
基本マナーにのっとって、タブーと考える人の多い花は使わないほうが良いでしょう。

 

  

ほか、「お盆」にまつわる花・植物

さきほどもサッと出てきましたが
お盆には

●「ハス(蓮)」=蓮華(れんげ)   
●「ほおずき(酸漿・鬼灯)」
●「真菰(まこも)」

この3つの植物が使われます。

真菰についてはさきほど説明しました。

●ハス(蓮)
●ほおずき

に関してはそれぞれ 詳しい紹介ページを8月のお盆までに作りますね^^

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました