「自由自在」に花が飾れる、ってどういうこと?

どんどん「自由」になれる【12か月おうち花マスター講座】
生徒さんの花飾りの移り変わりを見ていると
ほんとうに どんどん「自由」に
どんどん 解放されていくようすが よく分かります^^
   

   
   
はて。
   
でも・・・
   
そもそも、
   
「自由」になるって
どういうこと??

   

   

わたしは、
花飾りにおける「自由」とは
それまでの思い込みから解放されて
?

   
好きなように
子どもの頃のように
手に取って
使えるようになること
   =
「子どもの心」の解放

   

だと わたしは思っています。
   
   
その辺の葉っぱを使ってもいい。

買った花が「1輪だけ」でもいい。

お菓子の缶に活けてもいい。

寒くて霜焼けしちゃった葉っぱでもいい。
   
   
   
「こうじゃなくちゃいけない」
「これでなくちゃダメ」
    
そういう
大人になっていくにつれて
気にするようになってしまった
    
「世の中の常識(と思っていること)」
「人からの評価」
   
   
それを「気にしなくていいことを知る」

   
   
この道22年の
【お花の楽しみ方】をお伝えするから
   
「わたし」が
「これでいいよ」って
何度でもいうから
   
    
「世の中の常識(と思っていたこと)」
が 気にならなくなって
    
「これでいい」
「これがいい」って
   
自分の感性に
自分が「いいなあ」って思う心に
OKが出せるようになる
自信が持てる
   
   
それが
「自由になる」こと。

   
   
「自由」になると
   
花も 入れ物も 生け方も
自信をもって
好きなようにできるようになります。
   
   
ただね、
小さな子どもの「感じたまま」と
違う部分もあります。
   
それは  やっぱり
「フラワーアレンジらしくしたい」
「きれいに見えるように作りたい」って
思うでしょ?
   
   
だから、そのための
「おさえておくポイント」は
しっかり お伝えしています。

    
   
   
しっかりと
プロがやる
おさえるところはおさえ
   
そのうえで「自由に」
    
それが「理想」だなあって
わたし自身が思うから
   
   
その「理想」の
「お花が自由自在になる」状態を
あなたにプレゼントしたい。

   
   
それが わたしの
動画レッスンや 実講座です。
   
   
もし 今まで
「お花をやってみたい」
「お花を習ってみた」
   
「けど。。。」
   
って 心にしこりがあったなら
   
わたしのメルマガや講座を
覗いてみてくださいね。
 
   
   
ではまた。
   
   
   
「えっ?それだけでいいの?知らなかった!!」
農大出身もと花屋店長が
お花が超カンタンになるメルマガ 書いてます♪

本多るみ

おうち花マイスター。 育てた植物を食べて飾るおうちで育ち、生きもの・生態系大好き!で農学部へ。東京農大卒農学士・学芸員資格所持 生花店で11年店長として勤め、出産退職と同時に「おうちの花」を家庭に伝える活動を始める。「家庭と科学」の家庭教育講座・講演も。

あわせて読みたい