海に行ったら大発見!③バケツde水族館

海に行ったら
たくさんの「大発見!」があるよ!
 シリーズ
今日は3回目:「生きもの」編です。

花も、海藻も「生きもの」だけどね。
今回は 魚とか カニとか 動物さんを見つけてみる。
 
池や川や海で いちばん楽しいこと♪
だと わたしは思ってる~~♪
Let’s 【ガサガサ】!!≧▽≦

【ガサガサ】とは? 
 
岩場、草の下など
生きものが「隠れやすそう」なところを狙って
網を入れて 文字通り「ガサガサ」すること。
 
海ならこういう テトラポット周りなんか◎
もちろん天然の岩場◎

岩場に向かうムスコ。

岩場に無数にいる「フナムシ」たち。
近づくとザザーーーっ!!と逃げるから踏むことはない。
 
・・・写真載せたら「キモッ!!」って
ページ閉じちゃうかもしれないと思って
しばし考えたけど
載せてみる(笑

エビやカニのなかま。
地上に上がって ダンゴムシやワラジムシに
なっていったとされています。

なぜか、頭を突き合わせて ★をつくるフナムシたち。
大きめのフナムシが集まってます。
この行動、何なんだろう~~??

 

わたしと息子の「ガサガサ」
&手づかみの結果
これだけ捕れました^0^ 

砂と海藻も入れると
「水族館」みたいになって
見ててとっても楽しい^^

(魚が海藻の影や 砂の中に隠れます)

名前がちゃんとわかるのは
エビが「イソスジエビ」だってことくらい^^; 
 
横シマの魚は「アカオビシマハゼ」かな?
縦シマは「イシダイ」の子どもかと思ったけど
ちょっと違うのかも。かわいい。



 

カニを3種類捕獲。
ふつーの 緑+黒の横シマ模様の「イワガニ」を
手で がしっと捕獲のほか
こちらの2種類。
 
上の小さいのは 砂浜で。
下の ワタリガニっぽいのは 磯で泳いでたところを捕獲。



 

あとは ほぼ「ハゼ」の仲間っぽい。
魚の手前の細長い ゴミに見えるのも
どうやら生きものらしく 頭が出てモソモソしてる・・・
なんだろう(不明) 

ハゼだらけ! 
いろんな色のがいてオモシロイ^^ 
 
見ている間に、身体の色が変わる魚もいます。
種類が違うのか?
同じ種類で色が違うのか?
を考えるのも楽しい! 
 
バケツの壁に張り付いてるのも楽しい♪
「どうして魚が バケツの壁にくっつくの??」
ってギモンも すてきでしょ?

 

ハゼの中に
「カワハギ」のようなかたちの魚がいますが
・・・ハギ系なのかな、くらいしか分かりません。 

名前は分からなくっても
 
「こんなに いろいろ 捕れたー!」
「いろんな魚がいる」
「いろんなカニがいる」
 
それだけで めちゃ楽しい!≧▽≦ 
 
一緒に捕ってた子が「アメフラシがいた」と言ってました
見てみたかった~!
 
息子は 赤い魚も捕ったらしいデス。
うんうん、見たかったよ。
 
捕った生きものたちは、
ときどき水を入れ替えて観察。
観察したら また もといたところに放します。

 

海で泳ぐのもいいけれど
「生きものさがし」をしてみると
 
さっきまで泳いでた同じ海に
これだけの生きものが
「一緒に泳いでた」ことが「分かる」
 
これがもう
「えーーーーっっ!!」って
ビックリ、感動します!!

 

海に行ったら ぜひ 泳ぐだけじゃなくって
生きものを探してみてください^^
 
岩場がなくても 砂浜にも生きものはいますよ。
次の記事で 砂浜で見つかる「貝」の話をしますね。

 
 
 

こーんな 花だけじゃなく
植物ぜんぶ そして
花が咲く環境まるごと
楽しんじゃう毎日で 子どもも賢くなっちゃう

花を摘んで・束1個買って送る充実花ライフ
メルマガで お届けしています^^

 

 

本多るみ

おうち花マイスター。 育てた植物を食べて飾るおうちで育ち、生きもの・生態系大好き!で農学部へ。東京農大卒農学士・学芸員資格所持 生花店で11年店長として勤め、出産退職と同時に「おうちの花」を家庭に伝える活動を始める。「家庭と科学」の家庭教育講座・講演も。

おすすめ