夏は花が持たないから、代わりにコレ!

毎日 暑くなってくると 
「お花がすぐ痛んじゃう!」
っていうお悩みが出てきます。

暑いから、 夏は切り花 飾らない

って思うかも。
 
 
でもね!
 
そんな暑い夏でも
2週間は余裕!
 
1か月! 長持ちしちゃうかも!
 
なのが
 
「葉っぱのアレンジ」 です ^m^

 
 
だって 「葉っぱ」 だからね!

 
葉っぱって、植物の身体を作っている大事なパーツ。
葉っぱがないと、光合成できないから
葉っぱは 常に 植物の身体にくっついています。
 (冬に葉を落として冬眠するものもいますが)
 
そんな「葉っぱ」は
「いつもくっついているパーツ」だから
 
子どもを作るための
虫や鳥を呼ぶ目的で作る
短期限定パーツ「花」よりも
 
はるかに長持ちします!^-^*
 

 
それに、
夏らしく
涼やか・さわやかで
スキっときれい!>▽<* だし

 
 
買っても良いし
摘んでもヨシ。
 
だって そこらじゅうに生えているものね^-^

 
 
寂しいなら 花を少し入れてもヨシ^^
 

 
 
こんな大きくなく、
湯呑みサイズに
ちょこっと摘んで飾るのもGOOD!^^
 

入れ物や敷物を替えれば
同じ葉っぱだって イメチェンもできちゃいます^^

夏場には いくらでも手にはいる「葉っぱ」
「雑草」とか「ジャマ」とか言うのは もったいない!
 
切って飾れば こんなにキレイ!≧▽≦*

ぜひ、夏場は「葉っぱ」を
飾って 涼んでみてください
 
いちど飾ると ハマりますよ~^m^*

 
 

って言われても

・どんな葉っぱを
・どうやって摘んで
・どんな入れ物に入れて
・グッタリしないようにするには

どうしたらいいの??

って思うときは・・・
 

【おうち花マスター講座】スタンダード(中級)
7月が この 「摘んでグリーンアレンジ」です!

【おうち花マスター講座】(スタンダード)は12か月。
1年のうち いつ始めても 
季節が巡る12か月で終了します。
 
 
夏は 生花は持たないのが 「自然」なこと
ですから、生花じゃなく
7月は 葉っぱを。

8月は 日本に古くからある「水飾り」と 
「ドライフラワー作り」をやります^^

暑い夏には
暑い夏らしい 
植物の楽しみ方がありますよ!^0^/

 
  

【おうち花マスター講座】
お花屋さんの店頭に並ぶ商品スタイルを
1年の季節ごとの植物の楽しみ方で

「どう身近なところで材料を選ぶか?」から学んで
「おうちで毎日できるようになる」ための通信講座です^^

「花屋さんの商品スタイルが作れるようになる」
「材料をお手頃に、身近なところで
 自分で揃えることができるようになる」
  (*買わなくても良い、100円均一で良い)
 
ところが 一般的なお花教室とは全く違うところです^^

 
 
「どう違うの?」と思ったらこちらで詳しく説明していますよ^^

葉っぱを長く飾るお手入れ方法や
使いやすい入れ物 といった「きほんのき」は
メルマガでも お伝えしています^m^

まだお読みでなかったら
ぜひ読んでくださいね。


 
 
 

本多るみ

おうち花マイスター。 育てた植物を食べて飾るおうちで育ち、生きもの・生態系大好き!で農学部へ。東京農大卒農学士・学芸員資格所持 生花店で11年店長として勤め、出産退職と同時に「おうちの花」を家庭に伝える活動を始める。「家庭と科学」の家庭教育講座・講演も。

おすすめ