決まり事を自分で勝手に作って、それに縛られていたようです

「お花って 難しい」
「お花って、分からない」
 
そう思うのは、もしかしたら・・・

「花を買ったら、深い水の中で水切りをしましょう」
「切り口を焼いて ミョウバンをすりこんでおきましょう」
「バラいっぱいのアレンジメントを 素敵な器に飾りましょう」

よく聞く お花番組のセリフですよね^^

ふつうによく聞くセリフなので、聞いたことがあると思います。

よく聞くし、よく見るので
こういうセリフを 今まで聞いてきていると
 
無意識に
「そうしなくてはならない」
と 思い込んでしまうことが よくあります。

こうした「よく聞くお花情報」は
確かに、「合っています」し「正解」なんです。
なので、そうすると良いですし
そのようにつくったらきキレイです。

 

でも
いつでもどこでも
それら「聞いた常識」を
全部やらなくてはならない
 
というワケじゃないんです。

 
 

いつでも どこでも どんな時でも
あれもこれも全部しなくちゃならない!
 
と思うから
「お花は大変」「お花は難しい」って
感じてしまうんですね。

 
 
「おうちに花を飾る」ために
あなたが「聞いたことがあるお花の情報」
すべてをやらなくちゃならない!
なんてことは まったく カケラも ありません。
 
 

・深い水の中で水切り も
・切り口を焼いてミョウバンをすりこむ のも

・バラをたっぷり使って素敵な器にアレンジするのも
 
どれも「良いこと」ですが
「全部やらなくちゃならない」のでは ありません。

「違う」んです!

 
 

おうちで花を飾りたいとき
最低限 しておくといいこと・・・
 
それをすると 元気でキレイな花を家に連れてこれて
元気でキレイな状態を長く続けることができて
見た目キレイに美しく飾ることができて
大・満・足!
 
になる「ポイント」は
そんなに多くはありません。

先の 
 
・深い水の中で水切り も
・切り口を焼いてミョウバンをすりこむ のも

・バラをたっぷり使って素敵な器にアレンジするのも
 
どれも、「おうちの毎日に必要なこと」の中には 入りません!

 

おうちでは、
手を抜けるところは抜いて
肩のチカラを抜いて
いいんですよ^^

 
 
そんな、【おうち花入門講座】受講生 Sさんの声をお伝えしますね。
 
 

入門講座第2章、見終わりました。
チェック方法を参考に
お花の売ってある場所を見てみようと思います(^^)

買ってきたお花をすぐに飾ろうとしなくていい。
という点もほっとしました。
なにせバタバタしているので^^;
 
他のことをやりながら、
敷物のこと、器のこと
考えていけばいい
のかな。

そのためにも、
使えるものを数種類あらかじめ準備しておくと
スムーズなのですね!
あと買ってきた後、花を置いておく時間も。

ビデオを見た時点で、
「買ってきたあとどれ位の時間 
飾らずに置いておいて大丈夫なんだろう?」

と思ったのですが、テキストを見て、 
「長くても2時間くらい」なのですね!
納得しました。

それ以上置いておくと、蒸れてしまう。
言われてみるとたしかにその通りですね、

 

理由を理解できていると、
「整える暇はないけど、 
 そろそろビニルからだしておいてあげよう」とか
「この入れ物だと窮屈だからこれはこっちに入れておこう」とか、
ずっとずっと気楽に花の事を思って花と向き合えます。

今までは、知らず知らずのうちに
「買ってきたらできるだけ早く花瓶に整える」
「茎は水の中で切る」
それこそ「花は下向きに持つ」とか、

理由のない決まりごとを自分勝手に作って
それに縛られていたようです。

決まりだから、そうした方がいいからということではなく、
自分の意志で納得して「こうしておこう」と選択できる。
私の中では大きな変化です(*^^*)

 

先生のマネをして活けてみる、だけでは
「自分の考え」として身に付かない、理解できないから
もったいない!
 
「大手フラワースクールのレッスン」を
運営して、見てきて感じたからこそ
「身に付くレッスン」を考えることができました。
 
自分で理解して
自分で考えて
「こうしよう」と選択することができる
その”チカラ”を あなたに贈ります^^

 

 

【おうち花入門講座】
5カ月間の通信講座です。
ご希望の方は 一括で教材お渡しも可能ですので
お問い合わせください。

 

 

本多るみ

おうち花マイスター。 育てた植物を食べて飾るおうちで育ち、生きもの・生態系大好き!で農学部へ。東京農大卒農学士・学芸員資格所持 生花店で11年店長として勤め、出産退職と同時に「おうちの花」を家庭に伝える活動を始める。「家庭と科学」の家庭教育講座・講演も。

おすすめ