おうちの花に「こんなんじゃダメ」はありません

受講生さんや メルマガ読者さんが
おうちで飾った花の写真を
Facabookグループにアップしたり
わたしにメールで送ってくれるときに
多いセリフを紹介します。

 

きっと あなたも同じように思って
おうちに花が飾れないでいたり
 
わたしが「写真送ってください~」って言うときに
送れないでいたり
 
していると思うから。

 
 

そのセリフは・・・

「こんなので 申し訳ないんですが」
「上手くできませんでしたが」

ええ、よく聞きますよね、こういうセリフ。

むしろ、日本人的には
こういう謙遜が「常識」「あいさつ」みたいに
思ってる人 多いと思います。

  
  

でもね
「こんなんじゃダメ」
「うまくないし」って思いながら
お花を活けたり飾ったりして
 
【お花を飾って 楽しいなあ!】
【飾った花を見て 嬉しいなあ!】って
 
心から感じることが できるかなあ?

  
 

「おうちの花」は
「あなた」と「家族」のための花。
  
「楽しい!」
「きれい!」
「嬉しい!」
  
って 思えることが イチバンの目的です。

  
 

そこに 謙遜とか
自分を「ダメ」だと下げる必要は
カケラもありません!

 
 

わたしに 写真を送ってくれる方は
もちろん
「自分にも飾れて嬉しくて」
「飾る時間が楽しかったから」
写真を送ってくれているのです。

 

きっと あなたも
メルマガのコツをヒントに花を飾ったら 
「わあ、わたしにもできた!」って
思えるはずなんです。

 
 

おうちに 自分のために花が飾れて
嬉しくなれた。 
 
だったら 
「こんなにダメでごめんなさい」なんて
言う必要 ありませんよね?

  

「できた!」
「嬉しい!」
「サイコー!!」
だけで 良いんです!

  

そのほうがずっと
シンプルで
自分の気持ちに正直で
気持ちよく過ごせませんか?

  

おうちの花は あなたと家族のためのもの。
あなたが 楽しく飾れて
シアワセな気持ちになれたのなら
  
もう「こんなですみません」なんて言わないで。
  
どうぞ「できた喜び」「花があるシアワセ」を
最大限に感じてくださいね。

  

あなたが喜んでいるその姿が
家族のことも幸せにしますから^^

   
  

自分で花を選んで飾れるようになるメルマガはこちらです^^

  
  

 

本多るみ

おうち花マイスター。 育てた植物を食べて飾るおうちで育ち、生きもの・生態系大好き!で農学部へ。東京農大卒農学士・学芸員資格所持 生花店で11年店長として勤め、出産退職と同時に「おうちの花」を家庭に伝える活動を始める。「家庭と科学」の家庭教育講座・講演も。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。