リースって、クリスマスが終わったらどうするの?

「リースって、クリスマスが終わったらどうするの?」
  
飾れるものと
飾れないものがあります!

  
  
     

今日は、
作ったリースの「イメチェン(着せ替え)」について 
お話しますね^^
  

「リースをイメチェンするって 
 ナニ!?(゚∀゚)ノ どういうこと!?」

って 思うかも?

 

たとえば、クリスマスシーズンによく見かける
こういうリースは・・・

このまんま、どうにもできないです。

生の樹ですが ドライにはなるので
掛けておくことは可能ですが・・・  

このまんまでは
クリスマスが終わったら どうしても
季節外れでショボン(´・ω・`) になります。

 

でも せっかく作ったのに・・・ 
それってなんか 寂しいじゃん。

わたしは 悲しいわ~~~(。≧Д≦。)
 
 
だってせっかく 「リース」 なんだもん。

長持ちするのがいいところ・・・ な ハズ!

 

だったらその 
「長持ちするっていういいところ」を 
もっと活かしたい。

って、わたしは思うわけです。

だから
「着せ替え」しちゃうのだ!

さっきの クリスマスリースも
着せ替え出来なくはないけれど
ちょっとあそこからだと 難易度高いです。

なので 最初から
「着せ替えすること前提」で
リースを作るのがおススメ。

  

9~10月から作れるから
まず 「ハロウィン」で。


        
    
11月になったら「クリスマス」 に着せ替え。

クリスマスが終わったら 
ぱぱっとすぐ「お正月」にチェンジ!


    
    

お正月が明けたら 「冬~バレンタイン風」

ひな祭りが見えてきたら ちょっと「春っぽく」。

春になったら「初夏風」に。

 ↑ずーーーっと ぜんぶ↑
 おんなじリースを「着せ替えて」ますよ!

    

真夏になったら、木の実を少し取って
貝殻入れたら イケそうです^0^*

そうして1年飾ったら、 

「満喫した!>▽<* 次の作ろ~う♪」
って 楽しく「次」に行けると思うのです。

 
 

1年間着せ替えイメチェンしてるから
1年間ずっと 少しずつ手を入れて
愛着も湧きますし

ちょこっとずつ作業をしてるので
「作りたい欲」も年間通して見たされるし^-^*

「着せ替え」のコツは
12月5日(木) 開催の【コストスリム花講座 クリスマス1DAYレッスン】
みっちり、しっかりお伝えします!^^
 
 
「えー! 東京いけない―!」というときは
11月前半のうちに
【動画レッスン】のご案内をいたしますので
メルマガに登録してお待ちくださいね。
 

ではまた^^/

   
    
   
「えっ?それだけでいいの?知らなかった!!」
農大出身もと花屋店長が
お花が超カンタンになるメルマガ 書いてます♪

 
  

本多るみ

おうち花マイスター。 育てた植物を食べて飾るおうちで育ち、生きもの・生態系大好き!で農学部へ。東京農大卒農学士・学芸員資格所持 生花店で11年店長として勤め、出産退職と同時に「おうちの花」を家庭に伝える活動を始める。「家庭と科学」の家庭教育講座・講演も。

あわせて読みたい